the sacca

×

お気に入りのご飯茶碗探し「飯椀展」

#イベント

2017.10.20 12:23

お気に入りのご飯茶碗探し「飯椀展」

代々木上原駅を出てすぐの高架下にある、器のギャラリ―とレストランの複合ショップ“AELU”そのギャラリーで10月5~17日まで「飯椀展」が開催された。

参加作家は
・尾形アツシ・小泉敦信・杉田明彦
・玄尚哲[hyun Sang Chul]・大谷桃子
・mushimeganebooks・芳賀龍一・竹村良訓
の9名。
店内に入るといつもは大皿や一輪挿し、カップなど様々な器があるのだが「飯椀展」というだけに棚の8割は飯椀だった.

(左上)尾形アツシ/荒粉引飯椀、(右上)芳賀龍一/籾灰釉飯椀、
(右下)竹村良訓/飯椀、(左下)玄尚哲[Hyun Sang Chul]/飯椀

(上)mushimeganebooks./飯椀、(右)小泉敦信/白磁飯椀、
(下)竹村良訓/飯椀、(左)小野象平/灰釉飯椀、

手触り、重み、色味、サイズ感、お気に入りの飯椀を決めるにも違いが多すぎて容易ではない。
一番使う機会の多い飯椀、じっくり器に触れ眺めて時間をかけて選んだ器は一生ものかもしれない。
特に漆器は孫の代まで使用できると言われている。何重にも塗られた漆は強く、長く愛用できる。
割れてしまうからと安い器を買うのも良いが、毎日使うものだからこそこだわりの詰まった器を実際に見て選んでもらいたい。

http://www.aelu.jp/

tags : # # # # #

hanaokaarisa

Auther: